ブログトップ
<   2009年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧
「グラン・トリノ」を観ましたよ
a0012356_22134517.jpg
「グラン・トリノ」を観ましたよ。

若い世代へ自分の生き方を継承していくという図式は「センチメンタル・アドベンチャー」や「許されざる者」を例に出すまでもなくイーストウッドの十八番みたいなものだし、今年78歳を迎えるベテラン俳優に求められるのはどの映画であってもそうした役割なのだと思う。しかしこの「グラン・トリノ」はそれら全てにとどめを差す大傑作だったわけです。

隣に越してきたアジア人一家を「米食い虫のイエロー」と罵り、黒人チンピラを「クロ野郎」と挑発して教会の若い神父は童貞呼ばわり。自分の息子や孫は完全に見下していて、少しでも気にくわない事があれば「グルゥゥゥ」と唸ってはブチ切れる。そんな差別主義者の偏屈なクソジジイが今回のイーストウッドの役回り。

しかし、そんなクソジジイを(けっこう始まってすぐに)愛おしく感じ、俺も年を取ったらこんなクソジジイになりてえ!とまで思わせるのはイーストウッドがこれまでに築いてきたパブリックイメージによる所が大きい。どんな困難にも臆することなく、必要ならば力で抵抗する。決して群れる事はないが気のきいたユーモアも忘れず、酒とタバコ、犬と女をこよなく愛す。要は昔ながらのタフガイである。

そのタフガイっぷりを還元する相手が今回はチャーリー・シーンとかじゃなくて、アジアのトロ助(命名・戸田奈津子)というのが映画の肝。いわずもがな、黒人大統領が誕生した現在にあってはこれが圧倒的な説得力を持ってくる。クライマックスには限界まで心が熱くなるし、ラストに至っては(これで俳優を引退すると宣言した)イーストウッド自身と、今後の世界のありようまで重なって見えてしまい、ただただ男泣きするしかなかった。

"威厳"という言葉さえ軽々しく感じるこの映画を超えるには、イーストウッドと同じくらいのキャリアと、それに見合う風格と面構えを持った俳優が出てくるのを待つしか無いような気がする。

映画館を出て駅まで向かう帰り道、イーストウッドと息子が作った主題歌「グラン・トリノ」を口ずさんでみた(うろ覚えで)。
[PR]
by erenoa70 | 2009-04-30 22:43 | Movie
きみになりたい
a0012356_11111697.jpg
録画しておいた「情熱大陸・麻生久美子(女優)」を観ましたよ。

〜映画女優 麻生久美子をみんなが愛する理由〜というサブタイトルがついてたけど何のことはない、約1年間に及ぶ長期取材をしてるのに、そこに写るのは撮影中の微笑ましいオフショットばかりという有様で、みんなというか取材スタッフたちが彼女にベタ惚れなのが丸出しの内容。つまりけっこう面白かった。

麻生久美子を語る時に「透明感」や「自然体」といった言葉がよく使われるわけですが、それは何も純粋って事じゃなく"底知れない"って意味なんじゃないかと思った。みんなから好かれる人ってこの"底知れない"要素が多い気がする。

番組の後半では千葉の実家に出向いてザリガニ喰ってた話や木に縛りつけられた話もしてたけど、スタッフは吉田豪にお礼の一つも言っておくべき。
[PR]
by erenoa70 | 2009-04-28 12:02 | Stupid
世は空前の全裸ブーム
■Matt and Kim - "LESSONS LEARNED" (OFFICIAL VIDEO)

男女2人組のバンド、MATT AND KIMが服を脱ぎながらタイムズスクウェアを練り歩くというPV。裸に見合ったポップな曲調と、ちゃんと天罰が下るというオチが素晴らしい。

アノ人もただ叫ぶんじゃなくて「胸さわぎを頼むよ」あたりを熱唱してればごまかせたかも知れない。
[PR]
by erenoa70 | 2009-04-28 10:56 | Web
定額給付金で買うべきDVD-BOX
俺の住んでる地域でも定額給付金の支給が始まったので、この12000円前後で買えるDVD-BOXを探してみました(おやつは300円以内の感覚)。輸入版や中古を入れるとキリがないので、amazon.jpの新品限定という事でセレクト。
a0012356_10463075.jpg
デイヴィッド・リンチ・ワールド DVD-BOX【期間限定生産】
リンチの会員制サイトで限定公開された短編6作品が中心だけど「イレイザーヘッド」の画質も良いらしいのでこの機会に。リンチといえば「ツインピークス ゴールド・ボックス」も欲しかったけどいつの間にか値上がりしてやがった(それでも半額近いけど)。

a0012356_10545987.jpg
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー DVD-BOX 1
怪人ファスビンダーの代表作が入ってるので欲しいんだけど、これを買ったらBOXの2&3も買わないとファスビンダーから呪われそうでちょっと心配だ!

a0012356_10585378.jpg
ポランスキースペシャルDVDコレクション
「水の中のナイフ」「反發」 「袋小路」という初期の大傑作ばかりだから、これはもう手元に置いておかないとダメな気がする。ちなみに「水の中のナイフ」のラストシーンはいつ見ても最強。

a0012356_11415010.jpg
映画はおそろしい ホラー映画ベスト・オブ・ベスト DVD-BOX
黒沢清監修のホラーセレクション。どれも文句なしに面白いけど「回転」はやはり何度も見直したい(朝方に)。

a0012356_1141988.jpg
悪魔のいけにえ プレミアム・コレクション DVD-BOX
この少し前に出たスペシャル・エディションに手を出さなかった俺は勝ち組。


a0012356_1191180.jpg
吾輩は主婦であるDVD-BOX 上巻「みどり」
斉藤由貴に夏目漱石が乗り移るという一風変わった昼ドラ。テレビや映画を通してクドカン脚本で一番好きなのはこれだったりする。

a0012356_1113571.jpg
フジテレビ開局50周年記念DVD ものまね四天王
お客様が来た時のおもてなし用に最適かと。それにしても清水アキラの不謹慎ぶりは今見ても異常。

a0012356_11164981.jpg
紅音ほたるHISTORY 16時間4枚組(+18)
稀代のポルノスター・紅音ほたるの映像がなんと16時間も入ってて値段が3000円ちょっという、価値観の基準が曖昧になるような逸品。驚いたのでなんとなく入れてみました。

他にもあげたらキリがないけど、この中からなんか買うと思います。
[PR]
by erenoa70 | 2009-04-27 11:53 | Others
スザンヌは妄想がお好き
a0012356_2031064.jpg
スザンヌさんのグラビア目当てに「sabra」6月号を買いましたよ。

それにしてもコピーが「新境地!おバカSEXY」とは何事だ!許さん!と思って憤慨しながらページを開いたら、それはもう本当に、バカみたいに可愛かったからこれはある意味でおバカだ!怒ってゴメン!あと、
やってみたい事がひとつあるんですよ。ワタシに彼氏がいたとして、その彼氏と軽いケンカみたいになったときに、いきなりガバッと抱きついて"大キライ!"っていうんです。これ、イイでしょ!
というインタビューコメントを読んで「やってみたいとか言って、本当はやった事あるんだろ!あるんだな!ダマされないぞこのビッチが!」と思うクソ野郎ばかりだろうけど、俺は違うぜという事をスザンヌさんに伝えたい。
[PR]
by erenoa70 | 2009-04-26 21:11 | Stupid
「パニッシャー:ウォー・ゾーン」を観ましたよ
a0012356_11364114.jpg
私刑執行人が法で裁けない悪人を勝手にブチ殺すアメコミ映画「パニッシャー:ウォー・ゾーン」を観ましたよ。

89年のドルフ・ラングレン版、04年のトム・ジェーン版に続いてこれで三度目の映画化。主演俳優はドンドン地味になっていくけど内容はより原作に近くなり、観客が本当に観たかったパニッシャーへと変化していく。この辺りはアメコミ映画の成熟ぶりを感じさせます。

では観客が観たかったものとは何かというと、悪人を決定的に痛めつけるという描写。至近距離から脳ミソを吹っ飛ばす、パンチで思いきり顔面を叩き潰す、脳天に勢いよくナタを突き刺す、全体重をかけて首をへし折る等、容赦ないグロ描写で悪に対する怒りを表現してるというわけです。

グロ描写と反比例するようにやたら照明が凝ってたりもして、女性監督ならではの細かな仕事ぶりも目立つ。またその一方で脚本自体はざっくりした出来でアレな部分もあるんだけど、まあその辺は寛大な気持ちで楽しむべき!
[PR]
by erenoa70 | 2009-04-26 13:32 | Movie
「ミルク」を観ましたよ
a0012356_13591332.jpg
アメリカの歴史上始めて、自分がゲイをあることをカムアウトして公職についた活動家、ハーヴェイ・ミルクの生涯を描いた「ミルク」を観ましたよ。

うちの近所に小さなオカマバーがある。そこには見た目がオッサン丸出しのオカマさんがいて、そのパンチの効いたビジュアルに驚いた人たちから露骨に嫌な顔をされたり、後ろ指を指されてたりする。その姿を見るたびに思う。あらかじめ差別される生き方を選ぶのは一体どんな気分だろう?

本作では、ゲイである事をひた隠しにしていたミルクが「生き方を変えたい」とカムアウトし、自分だけではなく周りの人の権利の為に活動を始める所から始まる。「ゲイの権利を認めてしまったら、次は泥棒や売春婦の番だ」というあんまりな風潮の中で、差別される事を厭わず、背中に暗殺者の影を感じながら厳しい戦いに挑むその姿はやはりグッとくる。

興味深いのは、信条であるゲイファッションを捨て、自虐ギャグを多用してまでも一般の人達に話を聞いて欲しいと願うミルクと、凝った映像スタイルを排除し、オーソドックスなドラマ作りに徹した監督ガス・ヴァン・サントが重なる事。自らもゲイであるガス・ヴァン・サントはそうしてまでこの映画を撮りたかったわけで、これにもやはりグッとくる。

マイノリティだ!何が悪い!と顔を上げて生きていくのはおかしな言い方になるけど、凄く男らしい。そういえば近所のオカマさんもいつも元気よく笑顔を振りまいているので、たいへん男らしい。
[PR]
by erenoa70 | 2009-04-25 15:22 | Movie
メアリージュンへのラブレター
a0012356_13295150.jpg
森永チョコレート・ベイクのCMでBAKEガールズなるユニットを結成してるCanCamモデルの高橋メアリージュンがちょっとどうかと思うくらい可愛過ぎる。

ただ、メアリージュンという名前がちょっと読みづらいというのが唯一のウィークポイントなので、これをどうにか出来ないかと日々頭を悩ませてるわけです。

そこでひとつ提案したい。"メアリージュン"と"メリージェーン"って少し似てるから、つのだ☆ひろにあやかって「高橋☆メアリージュン」に改名してみたらどうだろう。いいんじゃないか。
[PR]
by erenoa70 | 2009-04-25 13:42 | Stupid
「レイチェルの結婚」を観ましたよ
a0012356_6304596.jpg
「レイチェルの結婚」を観ましたよ。

姉の結婚式に、どこか影のある妹が戻ってくる。ただそれだけの地味な話なんだけど、式の準備が進むにつれて家族の関係とその過去が明かされていくので、本来ならこの家族だけしか共有出来ないシビアな問題に口のひとつも挟みたくなるほどグイグイ引き込まれてしまった。

監督ジョナサン・デミは複数の手持ちカメラを同時に回して、観客がさも招待客の一人かと感じてしまうような演出を用いている。いかにもアメリカンな雰囲気でワイワイ盛り上がってたのに、誰かのひとことで急に気まずくなってしまう場面がいくつかあって、まるでその場にいたかのように「あぁ・・・」と溜め息を漏らしてしまった俺はこの試みにまんまと乗せられてしまったというわけです。

不安定な妹を演じたアン・ハサウェイのほっとけない感じもいいんだけど、面倒くさそうな女系家族の中で何とかその場を取り持とうとするお父さん役のビル・アーウィンに思わず肩入れしてしまった。敢闘賞でも差し上げたい気分だ!
[PR]
by erenoa70 | 2009-04-24 13:51 | Movie
チン座ハッピーソング
a0012356_13224665.jpg
草なぎ容疑者、芝生でチン座ハッピーソング【スポーツ報知】

昨日からの騒動の中でこれはイイぞ、と思ったのは「全裸のまま、芝生の上であぐらをかいていた」という部分で、察するにこれは「全裸であぐらを組んで瞑想する」という不思議なシーンがある事で有名なドルフ・ラングレン版「パニッシャー」の影響ではないだろうか。

あとハンパない数のスレ、エントリの中でもっとも感心したのはこれ↓

草彅「これでいいんだろう!約束通り子供たちを解放しろ!」 【人生VIP職人ブログwww】
[PR]
by erenoa70 | 2009-04-24 13:32 | News