ブログトップ
<   2009年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧
「ラスト・ブラッド」を観ましたよ
a0012356_12162386.jpg
「ラスト・ブラッド」を観ましたよ。

原作アニメを実写で再現してやろうという心意気は感じるし、セーラー服姿のチョン・ジヒョンも悪くない。駆け上がるようにジャンプして日本刀を振り回すアクションなどはもうテンション上がりまくりである。

別に大作というほどでも無いので、CGやクリーチャーがショボかったり、全力でバケモノを演じる小雪がなんか可笑しかったりするのも想定内。このフランス人監督にはポール・W・S・アンダーソンやアルバート・ピュンと同じB級映画の血が流れているのだろう、ダメな部分よりもこういう映画大好きっ!というのが前面に出ていてなんだか微笑ましくすらある。

そんな和やかな気持ちをブチ壊しにするのがエンドロールで流れるGLAYの日本版テーマ曲主題歌。はっきり言って余韻も何もあったもんじゃないし、これで一体誰が得をするのかも分からない。止めませんか!(くりぃむ有田調)
[PR]
by erenoa70 | 2009-05-31 22:06 | Movie
「セブンティーン・アゲイン」を観ましたよ
a0012356_1836417.jpg
高校時代の栄光にすがって生きる37歳のダメ中年が17歳に戻って二度目の高校生活を送るというザック・エフロン主演のコメディ「セブンティーン・アゲイン」を観ましたよ。

イケメンがモテまくってイエー!みたいなアイドル映画かと思いきや、手堅い作りの王道コメディになっているから油断ならない。中年の主人公をかつての人気青春ドラマ「フレンズ」のマシュー・ペリーが演じてて、現在進行形の「ハイスクールミュージカル」でブレイクしたザック・エフロンに繋げるというキャスティングの妙もあれば、冒頭から予想を裏切り、伏線を伏線と感じさせないような脚本も丁寧な仕上がりで好感が持てる。

さらには映画&RPGヲタの親友が登場して、とてもザック・エフロン目当てで来た若者には伝わらないようなギャグをまき散らしているのだから感心する。つまり作り手側が思いきり楽しんでこのコメディに取り組んでいるのが分かるし、その自信のほどが伺えるというわけです。

逆に上手くまとまり過ぎてる感も無くはないけど、こういうウィルメイドなコメディが生産され続けるハリウッドの多様性というのはやはり羨ましい。ついでに女子からモテまくりのザック・エフロンもかなり羨ましい。
[PR]
by erenoa70 | 2009-05-30 18:45 | Movie
世界の禁煙
a0012356_1827273.jpg
Best Anti Smoking Ad Campaign【Trend.Land】

いつの間にか世界の巨悪となっている大人の嗜好品・タバコですが、嫌煙家と呼ばれる一本調子な輩と違って、禁煙キャンペーンのポスターというのは気が利いてるから見ているだけでも面白い。

なんて冷静に言ってますが、前は呆れるほどのヘビースモーカーだったのにタバコを止めて2年近くになるのはこの俺です。
[PR]
by erenoa70 | 2009-05-30 18:29 | Web
素直になれたら
a0012356_11492730.jpg
喫茶店で打ち合わせしていて、「予算の都合上、ここは誤摩化すしかないですね」みたいな話をしていたら隣にいた女子高生二人組が、

「自分にウソつきたくないよね・・・」

「ホントだよ、もっと素直になれたらいいのに・・・」

とJ-POPみたいな会話をしてたのでビックリ驚いた。
[PR]
by erenoa70 | 2009-05-29 11:58 | Stupid
平成のカメレオン俳優
a0012356_13375536.jpg
こち亀がTVドラマ化決定 主演(両さん役)は香取慎吾【痛いニュース(ノ∀`)】

「カメレオン俳優」という言葉がある。作品によって外見や演技を変化させ、まるで自己を消し去るかのように役柄に没頭してしまう俳優の事だ。それとは全く違う意味で、香取慎吾という人は色んな役を演じてるなーと思う。

たとえばテレビドラマだと「蘇える金狼」で松田優作が演じた朝倉哲也を、「新撰組!」では近藤勇を、「黒部の太陽」では(役名は違うが)かつて石原裕次郎が演じた熊谷組の親方を。映画に舞台を移すと「西遊記」、「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」があるし、「座頭市 THE LAST」も控えている。

孫悟空にハットリくん、勝新に裕次郎までとこの振り幅はちょっとスゴい。だから今回、両さんを演じるのもそう驚く事ではないし、こうしたオファーを受け続ける香取慎吾には感心してしまう。

こうなったら「男はつらいよ」や「水戸黄門」、「ミッキーマウス」に「風と共に去りぬ」まで演じきって欲しい。彼なら出来る気がする。
[PR]
by erenoa70 | 2009-05-28 13:28 | News
ボンクラをこじらせる
a0012356_18523655.jpg
渋谷マークシティのキャンペーン・ビジュアル。

馴染みのない駅ビルの広告に目を奪われる事は少ないわけですが、こうして空手(KARATE)のイメージが入ってくると話は別だ!思えば何の変哲もないポスターやCDジャケットでも空手やカンフーの要素があるだけで惹かれてしまう事が多いので、ボンクラをごじらせるとこうなるのだなあ・・・と思う。

そうだ!苦手な算数の宿題も、この空手を活かしてやればいいんじゃない!?というナイス・アイデアが浮かびました。押忍!!
[PR]
by erenoa70 | 2009-05-27 18:48 | Stupid
誰も期待していない、だからこそ出来る事があるんじゃないか
■DREAM.9 Tokoro vs Cullum VTR

昨日はDREAM.9に行ってきました。世界超人選手権の大ざっぱな魅力もそれなりに堪能したわけですが、一番のお目当てはアマチュア時代から応援してる"戦うフリーター"所英男の一戦(まあ今はフリーターでも何でも無いけどな)。

この煽りVで連呼されてるように今回はホントにホントの「ラストチャンス」だったのでもう胃が痛くて仕方なかったけど、勝ってホッとした!それも見事な一本勝ちだよ!どんなもんだい!

勝った後に立ち上がって絶叫したのはもとより、試合中はセコンドばりの大声で騒いでたので周りの皆さんには迷惑かけてしまい、正直スマンかった。
[PR]
by erenoa70 | 2009-05-27 18:16 | Others
カンヌ映画祭こぼれ話
a0012356_1524624.jpg
どうですか、まるで現地に行ったかのようなタイトルは!

なんだかんだで気になるカンヌの結果。パルムドールのミヒャエル・ハネケとはどうも肌が合わないのでスルーしますが、審査員賞を穫ったパク・チャヌク(「オールド・ボーイ」)のバンパイア映画「コウモリ」が何かいい感じ。韓国ではキリスト教を信仰してる人が多いらしく、日本と違ってバンパイア映画を受け入れる下地があるのかも知れない。「チェイサー」の時も思ったけど韓国人の宗教観というのは興味深いものがある。

■Thirst - Full Trailer with English Subtitles


同じキリスト繋がりでいくと、背徳的な内容のサスペンス「アンチ・キリスト」で主演女優賞を穫ったシャルロット・ゲンズブールにも注目。あのフレンチ・ロリータの代名詞だったシャルロッテもすでに37歳。けっして整った美人ではないけどイイ顔した大人の女優になった事をオジサンは嬉しく思います。よし!相撲とろか!

■Official trailer: Antichrist - "HYPNOSIS" - by Lars von Trier (HD)



録音賞に落ち着いたスペイン映画「マップ・オブ・サウンド・トーキョー」は菊地凛子が築地の魚河岸で働きながら殺し屋稼業にいそしむというアレな設定ながら、その威勢のイイ脱ぎっぷりは一見の価値あり。

■Official trailer - Map of the sounds - Original Version


最注目の「イングロリアス・バスターズ」はドイツ将校を演じた無名の俳優、クリストフ・ワルツが主演男優賞に輝くというめでたい結果に。そろそろ映画レビューも出てくると思うけどとにかく早く観たい。観たすぎる。

“5度目の正直”M・ハネケにパルム【バラエティ・ジャパン 】
カンヌ映画祭フォトギャラリー - 映画 【asahi.com】
[PR]
by erenoa70 | 2009-05-26 15:09 | Movie
あげてあげて高まって
a0012356_1427910.jpg
相変わらず生活リズムが無茶苦茶なのはこの俺です。

朝方になって疲れを癒そうと"美のカリスマ"IKKOさんのDVD「ウルトラ アゲ アゲ Dancing」を観ましたよ。

これは友人の仕事を手伝ったお礼にと頂いたもので、こういう類いの物は貰った時に笑うだけ笑って、後は封も開けずに棚に埋もれていくというのが世の常ですが、それをちゃんとこうして再生する。俺はそういう男だというわけです。

「ウルトラ アゲ アゲ Dancing(ミュージッククリップ)」、「どうにもとまらない Happyエクササイズ」、「Happyメイクデモンストレーション」という内容。いかなる場面でも自信満々なIKKOさんには感心したけど、なんか異様に疲れました。
[PR]
by erenoa70 | 2009-05-26 14:34 | Stupid
夏色のデリカシー
a0012356_1683438.jpg
この季節、薄着の女の子が目に飛び込んでくるとハッ!と驚いてしまう。

毎年この事で同じように驚いてる気がするので、そろそろ慣れても良さそうなものだが全く慣れやしない。またそれが残念なビジュアルだったりすると腹が立つのも毎年お馴染みな感じだ。
[PR]
by erenoa70 | 2009-05-25 16:15 | Stupid