「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
「私の優しくない先輩」を観ましたよ
a0012356_17335277.jpg
新宿武蔵野館で「私の優しくない先輩」を観ましたよ。

人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」や「らき☆すた」などで知られる山本寛監督の実写作品。友達に勧められたので劇場に行ったみたわけですが、この監督の作品を全く観た事がなかったこともあり、いわゆるアニメ的表現に付いていけなかったなあ・・・というのが感想です。

監督はインタビューで実写でしかできない事に挑戦していますとは言ってるけど、これが結局はエンドロールの歌とダンスに集約されているのだから残念すぎる。もう逆に全編こんな感じでやってくれたらいい意味で変な作品になったのに。

異業種の人が実写映画に挑む場合、映画への憧れはどっかそのへんに捨ててから挑むべきだと思う(上から目線)。
[PR]
by erenoa70 | 2010-07-31 18:07 | Movie
携帯をiPhone 4に変えましたよ
a0012356_1646975.jpg
携帯をiPhone4に変えましたよ。今までが3Gだったのでかなり快適。メールもウェブも、このまえ買った皆藤愛子時計もサクサク動きます!

ところが人に見せると絶対に「アンテナ大丈夫?」と言われるのがたまに傷。たしかに強く握るとアンテナ表示は減るんだけど、今のとこ通話も通信にも影響は感じられないのでとりあえずノー問題!

とはいえ気になるのが心情というもので、(無償でもらえる)ケースとは別に何かないかと思ってたらこんなものが↓

Antennaid for iPhone 4 6pack by Antennaid 【Etsy】

問題になってるアンテナ部分に応急処置として絆創膏を貼ろう!という優れもの。単にガムテープとか貼っても効果はあるらしいけど、こういう遊びがある方がいいなあ
[PR]
by erenoa70 | 2010-07-31 17:06 | Web
「インセプション」を観ましたよ
a0012356_1425869.jpg
新宿ピカデリーで「インセプション」を観ましたよ。

ユングいうところの集合的無意識をベースにして、多重構造のサスペンス・アクションを幾重にも展開しながら、その中心には妻を失った男の後悔が描かれるという、なんだかスゴい超大作。

それら全てを映像化してやろうという意気込みが溢れかえってるのがグッとくる。おそらくクリストファー・ノーランは『ダークナイト』の続編をオファーされたものの「それもちゃんとやるから、その前に好きな事をやらせておくれよ」という条件で本作を撮りあげたのだと思うけど、これだけ好きなことをやってしかも大ヒットに繋がるというのは(しかもオリジナル脚本で)監督冥利に尽きるのではないか。

中盤からは必死に展開を追っていても、それが夢だか現実だか分からなくなって錯乱しそうになるんだけど、こうした表現や快感は映画でしか味わえないのだからこれはほんとにイイ錯乱。

また「マトリックス」や「惑星ソラリス」「ビューティフルドリーマー」などの映画的記憶がバンバン蘇ってくるのもポイントですが、クライマックスなどはミステリー・ゾーンの名作「ふくろうの河」を思い起こさせました。
[PR]
by erenoa70 | 2010-07-29 16:14 | Movie
YOSHIKI「時代もここまで来たんだなと実感しました」
a0012356_13471718.jpg
FEVER X JAPAN SPECIAL WEB SITE
紅リーチだ!パチンコ「FEVER X JAPAN」は豪華映像満載【ナタリー】
パチンコX JAPANの演出がヤバイ 世紀のバカ機種【暇人\(^o^)/速報 】

あれ?アニメやドラマのCMかな?と思ったらパチンコだった時のガッカリ感といったらないわけですが、これに限っては面白そうだから早く見たいな!という気持ちでいっぱいです。

リーチだかなんだか知らないけど不思議なモノが見れるのは大歓迎。
[PR]
by erenoa70 | 2010-07-29 14:22 | Others
「Sucker Punch」予告編


「ウォッチメン」「300」のザック・シュナイダー監督の最新作は"戦闘シーンが売りの不思議の国のアリス"みたいなアクション「Sucker Punch」(このタイトル最高!)。

1950年代。むりやり精神病院に入れられた少女たちがロボトミー手術を受ける前に脱出を図る・・・というお話らしいですが、時空を超えたムチャクチャぶりはどうなるのか想像もつかない!

イメージビジュアルもすばらしい
[PR]
by erenoa70 | 2010-07-28 23:47 | Movie
「ゾンビランド」を観ましたよ
a0012356_15592410.jpg
ヒューマントラストシネマ渋谷で「ゾンビランド」を観ましたよ。

ゾンビだらけになっちゃった世界で繰り広げられる悲壮感ゼロのゾンビ・コメディ。すごく分かりやすくてちょー楽しいので米国で大ヒットいうのも納得です。

ゾンビという存在をすでにゾンビ映画を通して学んでいるという設定は傑作「ショーン・オブ・ザ・デッド」と同じだけど、あちらが英国の田舎町というお国柄を活かしたものだったのに対し、本作は本場ならではの設定が満載。誰もいないショッピングセンターで大暴れしたり、ゴツい車を乗り回して銃を撃ちまくったり、豪邸に潜り込んで豪遊したりと"ゾンビのいる世界でやってみたいこと"を次々と実現させていくので痛快としかいいようがない。

最初から最後まで「ああ、楽しいナア・・・」と幸せな気持ちで観てたわけですが、ハリウッドの豪邸で出会う某スターが本人役で登場した時の俺のテンションの上がり方は異常。椅子から飛び上がって大笑いしちゃったよもう。

すでに3Dでの続編も製作決定との事だからまた飛び上がって楽しみたいです!
[PR]
by erenoa70 | 2010-07-27 16:01 | Movie
「プレデターズ」を観ましたよ
a0012356_15551634.jpg
新宿ミラノで「プレデターズ」を観ましたよ。

軍人、傭兵、死刑囚、テロリスト、ヤクザ、ダニー・トレホなど、腕に覚えのあるイカつい輩がプレデターの惑星に叩き込まれて狩りの獲物になるという、もうこれだけでボンクラにはたまらない設定なわけですが、これが実質的に第一作目「プレデター」のリメイクという形式を取っているので少し中途半端に感じてしまった。

何の状況も分からないまま手探りで状況を把握していく展開は緊張感があるものの、それがあの有名なプレデターの仕業である事はもう観客のほとんどは知っているわけで、いいからもう早いとこ撃ちまくれよ!と乱暴な気持ちになってしまいました。この辺が趣向を変えたリメイク作の難しいところかも知れない。

とはいえR・ロドリゲスが製作だからしっかりツボは押さえてるし(ガトリングガンでジャングルを一掃するとこ最高!)、バッチリ身体を仕上げてきたエイドリアン・ブロディを始め役者陣も楽しそうに演じてるから結果オーライ!
[PR]
by erenoa70 | 2010-07-27 15:58 | Movie
「恐怖」を観ましたよ
a0012356_11344799.jpg
テアトル新宿で「恐怖」を観ましたよ。

この作品で取り上げられるモチーフは「人体実験」と「集団自殺」なわけですが、どちらも生死に対して冷静で計画的でその不自然な感じがとにかく怖い。というか「人体実験」とか言葉だけでもすでに怖い。

物語の中身も不自然で、とにかく全てが過剰でイビツでまがまがしい。ついでに片平なぎさが恐ろしい。

映画としての虚飾やケレン味をはぎ取った”偶然カメラに写った何か”が一番怖いという昨今の風潮に逆行するかのように、決定的に作り込まれたうえで暴走する恐怖というのはやはり別格なものがあります。

オカルトは信じないけど"呪い"は絶対にあるよな!とか考えながら帰りました。
[PR]
by erenoa70 | 2010-07-24 12:41 | Movie
おじさんとデオドラント
a0012356_2055095.jpg
焼きつけるような炎天下での仕事が終わり、帰りの車に逃げ込むとスタッフの中でも年配のおじさんが汗だくでフウフウ言ってるので、「良かったらコレ使って下さい」と制汗のデオドラントシートを一枚手渡すと、おじさんは首をぬぐうやいなや、

「うぉぉー!!こりゃぁスーっとするね!!!」と絶叫。

軽いカルチャーショックだったようで、これはスゴいと大絶賛して他の人にも強引に勧めるほど大ハシャギしてたわけですが、数日後に新しいデオドラントシートの封を開けずにとっているのを見つけてたのでなぜ開けないのかと聞いてみると、

「だって開けると全部使わなきゃいけないでしょ・・・」

と悲しげに言ってたので、テープで密封すればしばらくは大丈夫ですよと教えてあげたらまたカルチャーショックを受けてた。
[PR]
by erenoa70 | 2010-07-23 20:56 | Stupid
「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」を観ましたよ
a0012356_1432683.jpg
遅ればせながら、シネセゾン渋谷で「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」を観ましたよ。

結婚前のバチェラー・パーティで大騒ぎしたら翌朝に記憶を完全に無くしてしまい、尋常じゃない事態に陥ってしまうというとっても楽しいお話。

これがティーンエイジャーの童貞コメディではなく、いい歳こいた大人たちのボンクラ話になってるというのがすごくイイ。彼らには守るべき家庭や仕事というのがあって、そんな大人が思い切り怒られたりブン殴られたりすればするほどこちらは大笑い出来るのだから、歳を取るのも悪くないなとすら思えてくる。またそれを優しく見守る聖母のようなヘザー・グラハムの存在が作品をより暖かみのあるものにしている。

本来はDVDスルーになる予定だったこの傑作がネットの署名活動によって劇場公開にこぎつけたのはホントに良かったと思うし、こうした流れは継続していくべきだけど、それと同時に日本では"男目線でのコメディ"がどんどん成立しづらい状況になっているのがやっぱり歯がゆい。

あと最近、酒飲んでワーワー騒いでると、普段は嫌いな人までちょっと許してしまいそうになる瞬間があって、酒ってやっぱ怖いなぁと思います。でも今はやっかいな仕事から解放されたばかりなのでテキーラとか死ぬほど飲みたい。
[PR]
by erenoa70 | 2010-07-22 14:35 | Movie