ブログトップ
<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2013年 極私的映画ベストテン
a0012356_335857.jpg

今年劇場公開された中で面白かった映画を並べます。

①「風立ちぬ」
普段は宮崎アニメというかジブリ作品をほとんど見ないのでこれをベストに選ぶなんて自分でも意外だけど、見終わって"この世の全てを凌駕するのは己のロマン"という勝手な解釈に行き着いてしまったから仕方ない。

②「ゼロ・グラビティ」
人が孤立する極限状態はこれまで何度も描かれてきたけれど、本当に人間が一人になるというのはこういう事だ、と体験させられた気がする。映画における物語の枠組みを変えてしまう可能性すらある作品。

③「ザ・マスター」
嫌みなほどの完成度と風格を漂わせるP.T.A監督作。どこがどう凄いのかは全く説明出来ないんだけど、とにかくもう全部凄え。どの場面も「これだ!」と言いたくなる。

④「ジャッジ・ドレッド」
無慈悲な近未来とかもう慣れたもんだけど、低所得者向けのフードコートとかシネコンが併設されたマンションで戦うという設定は無駄に暴力衝動をかき立てられた。ジャッジメントタイム!

⑤「マーサ、あるいはマーシー・メイ」
あっち側もヤバいけど、こっち側もろくでもねえ。そんな切羽詰まった中で立ち位置を探す主人公にのめり込んだ。そんでもってラストカット・オブ・ザ・イヤー。

⑥「リアル 完全なる首長竜の日」
綾瀬はるかと佐藤健のSFラブストーリーを期待してたであろう客席の「こんなはずじゃなかった」という声が霧に飲み込まれていくのが見えた。とにかく不気味でどうかしてるよ黒沢清。

⑦「カルト」
ちょっとどうかと思うくらい禍々しくて恐ろしいのに映画的な工夫と喜びに満ちている。とにかく続きが気になりすぎるので何とか続編お願いします。

⑧「ロード・オブ・セイラム」
ロブ・ゾンビさんが手持ちの中で一番のカードを切った感のある渾身の一作。かなりデタラメだけど強引に押し切られ蹂躙される気持ちよさがある。

⑨「ラストスタンド」
今年の拾いものはこれで抜群に面白かった。そして復帰作にド田舎の保安官役をチョイスするシュワルツェネッガーさんの選球眼よ。もうシュワちゃんとは呼ばないよ。

⑩「君と歩く世界」
耐えられない不幸がバンバン突きつけられるけど、辛気くさくならないどころかむしろ荒ぶっていくのが斜め上。

次点「パシフィック・リム」
少しズルいけど次点ということで。もちろん楽しくて興奮してフィギュアも欲しくて俺はデル・トロさんと友達になりたい。でもこれはちょっと喜んでばかりいられないぞという気持ちもあるわけです。

あとその他には「ジャンゴ 繋がれざる者」「偽りなき者」「名探偵ゴッド・アイ」「悪の法則」「アイアンマン3」「フライト」「オブリビオン」「パラノーマン ブライス・ホローの謎」「ホーリー・モーターズ」「エンド・オブ・ウォッチ」「箱入り息子の恋」「エンド・オブ・ザ・ワールド」あたりが面白かったです。

それぞれ映画祭、試写会、輸入版BDで観た「スプリング・ブレイカーズ」「地獄でなぜ悪い」「クロニクル」もスゲー良かったけど、劇場公開で観た中から選ぶ自分ルールにより除外しました。

それでは皆様よいお年を!
[PR]
by erenoa70 | 2013-12-31 00:27 | Movie