ブログトップ
<   2004年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧
ハリウッド地獄編
a0012356_232114.gif俺だってラヴコメディくらい観る。
『10日間で男を上手にフル方法』はケイト・ハドソンがとにかくチャーミング。物語もひねりが利いてて男も女もニヤリとしてしまう場面も多いので未見なら是非っ。この作品で少し驚いたのがプロデューサーにロバート・エヴァンズの名前があった事。

70年代に『ローズマリーの赤ちゃん』『ある愛の詩』『ゴッドファーザー』『チャイナタウン』等でハリウッドを席巻したプロデューサーだけど監督とのトラブルや数々のスキャンダルでも有名だったりする。彼の自伝を映画化した『くたばれ!ハリウッド』 がDVDで出てたので鑑賞してみたけど・・・「凄え人生をおくってきたラグジュアリーな俺」な内容。しかも本人がナレーション入れてるので悪いようにはなりようがない。それでも彼の山師としての天才的な才能は十分伝わるし、羨ましい部分(モテ度とか)も多いので楽しかったけど。

しかしあからさまな欲望や欺瞞が渦巻くショービジネスの世界に何故こうも魅了されるのだろうか。

因みに日本語吹き替えは広川太一郎だった。ナイス。
[PR]
by erenoa70 | 2004-04-10 23:22 | Movie
こんなの聴いて歩いてた
a0012356_8344.gifゲンナリするよな気分の時はストレートなR&Rを聴く方が良い気がする。そんなワケでストーンズの中でも一番好きな『LET IT BLEED』をセット。

なぜ自分はロックンローラーじゃ無いのだろう、なんてどうしようもない思いがこみ上げる・・・あ、またゲンナリしてしまった。
[PR]
by erenoa70 | 2004-04-09 08:27 | Music
「ワタシは常に欲情していたい」
定食屋に置いてあった「SPA!」をパラパラめくっていたら杉本彩が「クンニをしない男は許せない!」と激怒してました



杉本彩主演『花と蛇』オフィシャルサイト
[PR]
by erenoa70 | 2004-04-08 04:08 | Stupid
この映画観たい。
a0012356_121148.gifベルトリッチの新作『The Dreamers』が観たい。

1968年のパリ、5月革命前夜に出会った青年と兄姉のセックスと冒険・・・てな話らしいけど予告編観てビックリ。「中国女」等のゴダールのサンプリングしまくりで「はなればなれに」に至っては本編のフィルムまで使ってる。閉鎖的な状況の男女てのはベルトリッチお得意のモチーフだけど、ようは自分の好きなモノ全部入れてしまってる。これはベルトリッチにとっての「キル・ビル」なんだろな。「シャンドライの恋」以降はトチ狂ったように若返りを続けるベルトリッチだけどこのヤンチャぶりは支持したい。あとオフィシャルサイトも凝り過ぎてて何がナンだかわかんねえんだけどそれも若さ故。

人は誰しも自分だけの「キル・ビル」を持っているのではないか・・・
と、分かったような分からないような事を言ってみる。
[PR]
by erenoa70 | 2004-04-07 12:04 | Movie
こんなの聞いて歩いてた
通勤中に聞いてるMDでも載せます。

ipodを買う金が無いのでMDで聞くんだけどその日の気分や天気に合わせてMDをガチャガチャ選ぶのはちょっと楽しかったりする。納得いくまでセレクトするので遅刻したりもするけど。

昨日のMDは『電気グルーヴ』の「SINGLES&STRIKES」。シングルのベスト盤なんだけど注目はやはり新録の2曲、「弾けないギターを弾くんだぜ」「カフェ・ド・鬼(顔と科学)」。電気はテクノとして括られるけど、少なくとも今後の方向性を標したこの2曲に関しては全っ然テクノじゃないです。かと言ってブレイクビーツとも違う形容しがたい音楽(というか音)。卓球と瀧も年寄りになったけどよりエッジは鋭く、よりパンクになっていってるので長く聞き続けてるファンとしては勇気づけられマス。

職場へ入るエレベーターを降りるまでボリューム全快で聞いてました。
[PR]
by erenoa70 | 2004-04-06 11:22 | Music
雨とビールと少年と
今日はWORLDSCOPEの面子で花見の予定だったけど雨で中止に。
仕方なく部屋で過ごしたけど昼間からビール飲む予定は変えず一人でガバガバ飲んでたらウトウトしてきてそのまま夜まで眠りこけてしまった・・・

眠いと言えば、最近笑ったのが米のあくび少年。先月フロリダでのブッシュの演説中に最前列で思いっ切りあくびしたり腕時計を見たりしてた少年の姿がカメラに収められ、CBSの番組でネタにしたところ大騒ぎになって、この少年もゲスト出演。少年あてにブッシュから「つまんないスピーチで正直、スマン」ていうような手紙が届いたとか。

こういうマヌケな事件を天然で引き寄せてしまう力が大統領閣下にはあるようで。
[PR]
by erenoa70 | 2004-04-05 03:50 | Stupid
俺が青沼静馬さ!(モノマネの十八番)
a0012356_16161.jpg
フジテレビでやってた「犬神家の一族」を鑑賞。
原作や市川昆版が大好きな俺としてはズバリ、ディティールに面白味がないと思ったです。改めて思ったのは市川昆の「犬神〜」は多くの要素が自分の血となり肉となっている部分が多いという事。長い脚本を書くときは登場人物の名前をいたるところで引用してたりするし、小学校のプールの時間は水に潜り逆立ちして両足を伸ばしては「犬神ゴッコ」に興じたし、初めて映画で涙した作品だし、青沼静馬のモノマネは得意だし、とまあ色々あるワケで。これはもう、すり込みというヤツでしょうな。出来が良いとか悪いとかじゃなくて、当時の俺の趣向にあってたという事で。そう考えると今はリメイクが全盛だけどこのリメイク版を始めて見る人達も多いのだから、そういう細かい出来の良し悪しでオリジナルと比較するのはあまり意味が無いようにも思えてきた。

今の小学生が今回の犬神を見てプールで逆立ちするのを切に願う。いや、ホント。
[PR]
by erenoa70 | 2004-04-04 07:50 | Movie
スタート。
a0012356_61744.jpg『Elephant』を観てきますた。

実際の事件を扱った映画は数多くあるけどそれが事実である以上、その事件の結末というのはあらかじめ分っている場合が多い。つまり物語としてはネタバレしてるワケでそれを映画にする時は物語とは別のサムシングが必要となる。中にはこれを全く分っていない実録モノも多いと思うのだけれどこの『Elephant』はそこいら辺をガッチリ理解している映画。それが何かは実際に観てもらう為にココで書かないけど。

TVでこの映画を紹介した辛口のヒゲ面は「こんなモン映画と違う!作家だったら答え出せや!」とガナっていたけど、こういうコメントを引き出す事こそこの映画の肝である。確かにこの映画の結末は唐突で結論は出ないし正体の分らないまま終る。だけどまだ誰もこの事件に関して答えを出した人はいないだろうし納得のいくコメントも今のトコ聞いた事はない。ヒゲ面は不安だったから先のコメントを残したに違いないのだがその不安な気分こそが、事件に答えを出せや!と思う気持ちこそが監督ガス・ウ゛ァンサントの立ち位置である。

象に触れてみてもその象の大きさは見えない。しかしあまりにもな要素が複雑に絡み合うこの問題はその不安に少しでも触れてみる事からスタートしても良いと思うのだ。

因みにこのブログもスタートします。よろしゅう。
[PR]
by erenoa70 | 2004-04-03 03:46 | Movie